ジュベ「J’ouvert/Jouvay」はフランス語で 「jour ouvert」と書きまして、その意味は“朝のひと時”もしくは“朝の休息”という意味です。ジュベ「J’ouvert」はカーニバル初日の月曜日の早朝に行われるもので、おおくの真のカリブ海スタイルのカーニバルは200年以上の歴史を持つこの由緒ある古典的なジュベ「J’ouvert」の前に行われるということはありません。 フランスは実際には決してトリニダード・トバゴを植民地化した事はないのですが、現実に多くのフランスの習慣がこの島には残っています。奴隷制度が廃止され自由の身となった奴隷たちは彼らの元の雇い主たちの格好をまねして着飾ることが出来るようになりました。ジュベ「J’ouvert」において演じられる多くの有名な役柄のいくつかはトリニダードの民族性と歴史に由来するものです。彼らの中には Moko Jumbie Bats, Bookmen, Baby Dolls, Jab Molassie, および Devil Mas、等が含まれています。この祭りに参加した人々は泥、絵の具、そして粉末類を投げたり、自ら塗りたくって踊りまくります。なぜなら“汚くなる”ことを目的としているからです。 この街頭でのパーティーがいったん終了しますと参加者たちは家に帰ります。そしてその汚れを落としてきれいにしてカーニバル月曜日祭典のために着飾ります。

このフォームは使用できません。